ゲームミックス(GameMix)とは
いま話題の最新ゲーム情報をいち早くお届けるする、ゲームニュース総合配信サイト。
国内から国外、PCゲームからスマホゲームまで幅広いジャンルから多数のメディア様の情報をご用意!

ノックバックワークスのキーパーソンに聞く。原石を見つけてゲームをリノベーションする斬新な取り組みで、世界に支持されるゲームを作りたい

 2020年10月26日に日本で正式サービスを開始した『カートゥーン大戦争(英語タイトルは『CARTOON DUEL』)』をご存じだろうか? じつはこのゲーム、韓国のMUSTGAMESというデベロッパーとノックバックワークスがタッグを組んで全世界展開を始めている作品だ。

広告--> 広告

2020年10月26日にiOS、Android向けに配信を開始した『カートゥーン大戦争。あらゆるところから敵が迫ってくる新感覚のスマホ向けタワーディフェンスゲーム。

 今回、ノックバックワークスのおふたりにインタビューを実施。ほかに例を見ないゲーム作りの方針や思いを聞いてきた。



秋山隆利氏(あきやまたかとし・写真右)

代表取締役社長。
代表作に『チェインクロニクル』や『黒い砂漠モバイル』をもち、ガチャシステムをゲーム市場で発案・展開。

松本恒彦(まつもとつねひこ・写真左)

取締役。
自身で法人を立ち上げ『酔わせてキャバ嬢』シリーズなど、ハイパーカジュアルゲームと呼ばれるジャンルで尖った作品を作り上げてきた。

ニアショアにオフショア、時代の先端を行く制作体制

——まずは、おふたりの役割をお伺いできますか?

秋山自分が会社の代表でプロデュースとか全体的な事業のことを行っていて、松本が役員として開発の全体を仕切っています。

——これまで業界ではどのような活動をおこなってきたのですか?

秋山自分はオンライゲームとかモバイルゲームのプロデュースを行ってきて、セガのモバイル部門の立ち上げも行ってきました。松本は自身で法人を立ち上げゲーム開発を行ってきて正式に我が社にジョインしてもらいました。

——これまで携わってきた作品を教えてください?

秋山セガ時代の『チェインクロニクル』とか、オンライゲームだと『SDガンダムカプセルファイター』とか、直近だと『黒い砂漠モバイル』になります。

松本自分は、『酔わせてキャバ嬢』というカジュアルゲームとかを、シリーズ通して開発させていただいておりました。

秋山松本はもともと鳥取でゲーム会社を立ち上げていたんです。地方でゲーム会社を作るということは、なかなかに稀有なことですよね。その中でも尖ったゲームを作っているおもしろい開発者だったので、前の会社のときにいっしょにゲームを作りたいなと話をさせてもらって、この会社につながったという流れです。

松本ジョインしたのは今年の早い段階だったのですが、いろいろなタイミングが合って、もともとのスタッフといっしょに合流しました。

コメントを投稿する

関連トピック

PS4/Switch「魔法使いの夜」,Character PV 蒼崎青子を公開。通常版パッケージイラスト&店舗特典ラフも
4Gamer.net / 約6時間前
「MELTYBLOOD: TYPE LUMINA」,追加キャラ“ネコアルク&マシュ”含む無料アップデートの配信が8月19日に決定
4Gamer.net / 約6時間前
スプラトゥーン3 Direct,8月10日22:00に配信。“前夜祭”はあるか? 「スプラトゥーン3」のこれまでの発表内容を振り返りつつ新情報を発表
4Gamer.net / 約6時間前
わしゃがなTVの最新動画では,「八月のシンデレラナイン」の魅力を教わりながらプレイする様子をお届け
4Gamer.net / 約7時間前
「アオペラ -aoppella!?-」,リルハピ新曲“KAREIDOSCOPE”のMVを公開。フォロー&リツイートキャンペーンもスタート
4Gamer.net / 約8時間前